平成28年 秋期 ITパスポート 問45

共通フレーム(Software Life Cycle Process)で定義されている内容として、最も適切なものはどれか。

 ア  ソフトウェア開発とその取引の適正化に向けて、基本となる作業項目を定義し標準化したもの
 イ  ソフトウェア開発の規模、工数、コストに関する見積手法
 ウ  ソフトウェア開発のプロジェクト管理において必要な知識体系
 エ  法律に基づいて制定された情報処理用語やソフトウェア製品の品質や評価項目


答え ア


解説
共通フレーム(Software Life Cycle Process)は、ソフトウェア開発とその取引の適正化に向けて、基本となる作業項目を定義し標準化したもの(ア)です。
共通フレームに沿って業務を行うことで異なる業種者間で、祖語が発生するのを防ぎ、ITシステム開発をスムーズに行うことか可能になります。


キーワード
・共通フレーム

キーワードの解説
  • 共通フレーム(software life cycle process - Japan common frame、SLCP-JCF)
    ソフトウェア、システム、サービスの構想から開発、運用、保守、廃棄に至るまでのライフサイクルを通じて必要な作業項目、役割などを包括的に定めた共通の枠組みです。
    システム開発を委託する際などに、発注側と受注側の間に誤解が生じないように、汎用的な用語や各工程の内容(分類)について統一するために制定されました。

もっと、「共通フレーム」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ