平成28年 秋期 ITパスポート 問75

図に示すような階層構造をもつファイルシステムにおいて、*印のディレクトリ(カレントディレクトリ)から“..\..\DIRB\Fn.txt”で指定したときに参照されるファイルはどれか。
ここで、図中の   はディレクトリ名を表し、ファイルの指定方法は次のとおりである。

[指定方法]
 (1)  ファイルは“ディレクトリ名\…\ディレクトリ名\ファイル名”のように、経路上のディレクトリを順に“\”で区切って並べた後に“\”とファイル名を指定する。
 (2)  カレントディレクトリは“.”で表す。
 (3)  1階層上のディレクトリは“..”で表す。
 (4)  始まりが“\”のときは、左端のルートディレクトリが省略されているものとする。

 ア  @のFn.txt  イ  AのFn.txt  ウ  BのFn.txt  エ  CのFn.txt


答え エ


解説
“..\..\DIRB\Fn.txt”の“..\..\DIRB”は*のディレクトリから2つ上のディレクトリの配下にあるDIRBなので
 
になるので、“..\..\DIRB\Fn.txt”はCのFn.txt(エ)になります。


キーワード
・ディレクトリ

キーワードの解説
  • ディレクトリ
    MS-Windowsでは“フォルダ”と呼ばれる。保存するファイルをグループ化して管理するためのグループ名で、“ファイルの入れ物”と呼ばれることもある。
    ディレクトリの最上位(根)をルートディレクトリといい、ルートディレクトリからの目的のディレクトリへの道順を表すものが絶対パスやフルパスと呼ばれる。
    ルートディレクトリ以外のディレクトリから目的のディレクトリへの道順を表すものが相対パスになる。
    その時点で参照しているディレクトリのことをカレントディレクトリ、ワーキングディレクトリと呼ぶ。

もっと、「ディレクトリ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ