平成28年 秋期 ITパスポート 問86

全文検索型検索エンジンの検索データベースを作成する際に用いられ、Webページを自動的に巡回・収集するソフトウェアはどれか。

 ア  CGI  イ  クローラ
 ウ  クロスサイトスクリプティング  エ  バックドア


答え イ


解説

 ア  CGI(Common Gateway Interface)は、Webブラウザからの要求で、Webサーバ上のアプリケーションを起動する仕組みです。
 イ  クローラは、全文検索型検索エンジンの検索データベースを作成する際に用いられ、Webページを自動的に巡回・収集するソフトウェアです。
 ウ  クロスサイトスクリプティング(Cross Site Scripting、XSS)は、Webサイトの掲示板などのようにユーザが入力したデータをそのまま表示するシステムで、ユーザが悪意のあるコード(スクリプト)を入力して、他のユーザがページを閲覧すると、ユーザのコンピュータ上で悪意のあるコードが実行されてしまうことです。
 エ  バックドア(back door)は、不正に侵入したシステムに、次回から侵入しやすいように設置された経路(裏口)のことです。


キーワード
・クローラ

キーワードの解説
  • クローラ(crawler)
    ロボット型検索エンジンがWEB上のファイル(HTMLドキュメント、画像やPDFなどすべて)を収集するためのプログラムです。
    検索サイトではクローラによって収集されたデータをインデックス化し、巨大な検索データベースが作成され、このデータベースから検索結果を生成します。

もっと、「クローラ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ