平成28年 秋期 ITパスポート 問88

関係データベースにおいて、正規化を行う目的はどれか。

 ア  関連するデータをポインタで結び、アクセス効率を高める。
 イ  データにエラーを訂正する符号を付加して、信頼性を高める。
 ウ  データを暗号化して、セキュリティを確保する。
 エ  データを重複してもたないことなどによって、保守性を高める。


答え エ


解説
関係データベースにおいて正規化を行う目的は、データを重複してもたないことなどによって、保守性を高める(エ)です。
例えば顧客名簿と販売履歴に顧客の住所があった場合、顧客の住所が変わったとき顧客名簿だけでなく販売履歴の住所も変更しないと、販売履歴から優良顧客を探し出し、DMを送る時など不都合が生じてしまいます。


キーワード
・正規化

キーワードの解説
  • 正規化
    データの冗長性をなくしたり、混在している等価な表現を整形したりすることによって、同じ形式でデータを扱えるようにすることです。
    データベースを正規化することでメンテナンス性を良くすることが可能です。ただし、表が複数に分割されるためデータベースへのアクセス性は悪化します。

もっと、「正規化」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ