平成28年 秋期 ITパスポート 問94

並列処理の説明として、適切なものはどれか。

 ア  一連の処理を同時に実行できる処理単位に分け、複数のCPUで実行すること
 イ  関連する複数の処理を一つの処理単位にまとめて実行すること
 ウ  ビジネスロジックやデータベース処理はサーバ側で行い、ユーザインタフェース処理はクライアント側で行うこと
 エ  一つのCPUの処理時間を短い単位に分割し、複数のアプリケーシヨンソフトに順番に割り当てて実行すること


答え ア


解説
並列処理は、一連の処理を同時に実行できる処理単位に分け、複数のCPUで実行することで処理の高速化を実現する技術です。
最近のコンピュータではマルチコアなど複数の処理部をもつので、並列処理で性能を高めています。
そのため、同時に実行することができない処理の場合、マルチコアの恩恵は得られません。


キーワード
・並列処理

キーワードの解説
  • 並列処理
    複数のマイクロプロセッサ(コンピュータ)に処理を分散して割り当て、同時に計算・処理を行うことで、システム全体の処理性能を向上させる技術です。
    近年はプロセッサの内部に複数の処理装置を実装するマルチコアが主流になりますが、これは処理の高速化のほかに、消費電流の低減(発熱量の削減)の目的もあります。

もっと、「並列処理」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ