平成29年 春期 ITパスポート 問13

派遣先の行為に関する記述a〜dのち、適切なものだけをすべて挙げたものはどれか。

 a  派遣契約の種類を問わず、特定の個人を指名して派遣を要請した。
 b  派遣労働者が派遣元を退職した後に自社で雇用した。
 c  派遣労働者を仕事に従事させる際に、自社の従業員の中から派遣先責任者を決めた。
 d  派遣労働者を自社とは別の会社に派遣した。

 ア  a、c  イ  a、d  ウ  b、c  エ  b、d


答え ウ


解説

 ア  特定の個人を指名して派遣を要請することは禁止されています。
 イ  派遣元を退職した後に自社で雇用するのは適切です。
 ウ  自社の従業員の中から派遣先責任者を決めないといけません。
 エ  派遣労働者を自社とは別の会社に派遣するのは禁止されています。(二重派遣)


キーワード
・労働者派遣法

キーワードの解説
  • 労働者派遣法
    労働者派遣法は自分が雇用する労働者を、派遣先事業者と労働派遣契約を結んで、派遣先の指揮(命令)で労働させることです。
    目的は派遣労働者の権利の確保と、労働者派遣事業の適正な運用になります。
    なお、正式名称は「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」です。

もっと、「労働者派遣法」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ