平成29年 春期 ITパスポート 問37

システム開発の見積もり方法として、類推法、積算法、ファンクションポイント法などがある。
ファンクションポイント法の説明として、適切なものはどれか。

 ア  WBSによって洗い出した作業項目ごとに見積もった工数を基に、システム全体の工数を見積もる方法
 イ  システムで処理される入力画面や出力帳票、使用ファイル数などを基に、機能の数を測ることでシステムの規模を見積もる方法
 ウ  システムのプログラムステップを見積もった後、1人月の標準開発ステップから開発工数を見積もる方法
 エ  従来開発した類似システムをべベースに相違点を洗い出して、システム開発工数を見積もる方法


答え イ


解説

 ア  WBSによって洗い出した作業項目ごとに見積もった工数を基に、システム全体の工数を見積もる方法は積算法です。
 イ  システムで処理される入力画面や出力帳票、使用ファイル数などを基に、機能の数を測ることでシステムの規模を見積もる方法はファンクションポイント法です。
 ウ  システムのプログラムステップを見積もった後、1人月の標準開発ステップから開発工数を見積もる方法はプログラムステップ法です。
 エ  従来開発した類似システムをべベースに相違点を洗い出して、システム開発工数を見積もる方法は類推法です。


キーワード
・ファンクションポイント法

キーワードの解説
  • ファンクションポイント法(function point method)
    ソフトウェアの開発において、開発する機能の種類と個数、機能の難易度から、開発ソフトウェアの見積りを行う方法である。
    ファンクションポイント法を使うフェーズとしてはユーザ要件定義後であり、この時点で決まっているソフトウェアの仕様が外部仕様程度であるので、使用するソフトウェアの機能は要件定義や外部設計から洗い出す。
    よく使用されるデータとしては、画面種類、帳票種類、使用データ種類、インタフェース種類などであり、これらの機能に難易度(係数)を掛けて見積りを行う。
    ここで重要なのは、過去の実績や開発者のスキルから適切な係数を導くことである。

もっと、「ファンクションポイント法」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ