平成29年 春期 ITパスポート 問49

ITガバナンスの説明として、最も適切なものはどれか。

 ア  企業などにおけるコンプライアンス向上のための取組みのことである。
 イ  経営目標を達成するために、情報システム戦略を策定し、戦略の実行を統制することである。
 ウ  情報技術に関するリスクの管理手法のことである。
 エ  除法システムの開発において、組織がもっているプロジェクトマネジメントの能力のことである。


答え イ


解説

 ア  企業などにおけるコンプライアンス向上のための取組みは、CSR(Corporate Social Responsibility、企業の社会的責任)活動でする。
 イ  経営目標を達成するために、情報システム戦略を策定し、戦略の実行を統制することは、ITガバナンスです。
 ウ  情報技術に関するリスクの管理手法は、情報セキュリティリスクアセスメントです。
 エ  情報システムの開発において、組織がもっているプロジェクトマネジメントの能力のことは、CMMI(Capability Maturity Model Integration)です。


キーワード
・ITガバナンス

キーワードの解説
  • ITガバナンス(governance)
    企業や自治体などの組織が構築するITシステムが、組織の目標を達成するのに適正に行われるているかを監視、点検することです。

もっと、「ITガバナンス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ