平成29年 春期 ITパスポート 問67

情報の漏えいなどのセキュリティ事故が発生したときに、被害の拡大を防止する活動を行う組織はどれか。

 ア  CSIRT  イ  ISMS
 ウ  MVMO  エ  ディジタルフォレンジックス


答え ア


解説

 ア  CSIRTは、情報の漏えいなどのセキュリティ事故が発生したときに、被害の拡大を防止する活動を行う組織です。
 イ  ISMS(Inforのmation Security Management System、情報セキュリティマネジメントシステム)は、情報に関するセキュリティを管理するための仕組です。
 ウ  MVMO(Mobile Virtual Network Operator)は、周波数帯域の割り当てを受けている通信事業者から回線設備を借りて移動体通信サービスを提供する事業者です。
 エ  ディジタルフォレンジックス(digital forensics)は、不正アクセスや機密情報漏えいなどコンピュータに関する犯罪や法的紛争が生じた際に、原因究明や捜査に必要な機器やデータ、電子的記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術のことです。


キーワード
・CSIRT

キーワードの解説
  • CSIRT(Computer Security Incident Response Team)
    インターネット上で何らかの問題が起きていないかどうか監視すると共に、問題が発生した場合にその原因解析や影響範囲の調査を行ったりする組織です。

もっと、「CSIRT」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ