平成29年 春期 ITパスポート 問69

ある会社の社員の情報処理技術者試験の受験状況の一部を次に示す。
この表を関係データベースで管理するために、二つの表に分割する方法として、適切なものはどれか。
ここで、この会社には同姓同名の社員がいるものとする。

社員ID 社員名 生年月日 試験種別 試験日 合否
0001 佐藤 花子 1985/4/29 ITパスポート 2013/4/21
0002 鈴木 一郎 1990/11/3 基本情報技術者 2013/4/21
0003 高橋 二郎 1992/2/11 ITパスポート 2013/4/21
0001 佐藤 花子 1985/4/29 基本情報技術者 2013/10/20
0003 高橋 二郎 1992/2/11 ITパスポート 2013/10/20

 ア
社員ID 社員名 生年月日
社員ID 試験種別 試験日 合否
 イ
社員ID 社員名 生年月日
社員名 試験種別 試験日 合否
 ウ
社員ID 社員名 生年月日 試験日
社員ID 社員名 試験種別 合否
 エ
社員ID 社員名 試験日
社員ID 社員名 試験種別 合否


答え ア


解説
この表には個々の社員が全て持っている社員ID、社員名、生年月日の情報と、付加的な情報処理技術者試験に関する試験種別、試験日、合否の情報があるので、2つの表に分けるときには、これらの情報で分けるとよい。
また、2つに分割するときには2つの表を関連付ける情報(キー)が必要であり、これは各社員の個別な情報である社員IDが適しているので、まとめると

社員ID 社員名 生年月日
社員ID 試験種別 試験日 合否
(ア)になる。


キーワード
・正規化

キーワードの解説
  • 正規化
    データの冗長性をなくしたり、混在している等価な表現を整形したりすることによって、同じ形式でデータを扱えるようにすることです。
    データベースを正規化することでメンテナンス性を良くすることが可能です。ただし、表が複数に分割されるためデータベースへのアクセス性は悪化します。

もっと、「正規化」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ