平成29年 春期 ITパスポート 問86

AさんはBさんの公開鍵を持っている。
Bさんの公開鍵を使ってAさんができることはどれか。

 ア  Aさんのディジタル署名を作成でき、Bさんへの通信に付与する。
 イ  Bさんが確実に受け取ったという通知を自動返信させることができる電子メールを送信する。
 ウ  Bさんだけが複合できる暗号文を作成する。
 エ  Bさんへの通信の内容が改ざんされた場合に、Aさんが検知できる。


答え ウ


解説
公開鍵暗号方式には公開鍵と暗号鍵の2つの鍵があり、公開鍵で暗号化した暗号文は秘密鍵でのみ復号化でき、逆に秘密鍵で暗号化した暗号文は公開鍵でのみ復号化できる。
また、鍵の持ち主は公開鍵は通信相手に配信し、秘密鍵が自身が秘密裏に補完する。
公開鍵暗号方式の暗号を使った通信では、送信者は受信者の公開鍵を使って暗号化して暗号文を送信し、受信者は自身の秘密鍵を使って復号化することで、安全な通信を行うことができる。


キーワード
・公開鍵暗号方式

キーワードの解説
  • 公開鍵暗号方式
    暗号化と復号で異なる鍵を使用する方法で、暗号化鍵を知られてもその鍵では復号できないため、鍵を第3者経由で配布することが可能である。
    相手に渡す鍵を公開鍵、自分で持っている鍵を秘密鍵といい、公開鍵で暗号化したデータは秘密鍵でのみ復号でき、秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵でのみ復号できる。
    公開鍵暗号方式には、RSAや楕円曲線暗号などがある。

もっと、「公開鍵暗号方式」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ