平成29年 春期 ITパスポート 問89

情報処理に関する用語のうちa〜dのうち、関係データベースの関係演算だけを全て挙げたものはどれか。

 a  結合
 b  射影
 c  順次
 d  選択

 ア  a、b  イ  a、b、c  ウ  a、b、d  エ  a、d


答え ウ


解説

 a  結合は、2つ以上の表を結び付け、その結果を新しい表とする操作する。
 b  射影は、表から特定の列を抜き出す操作です。
 c  順次という関係演算はありません。
 d  選択は、表から特定の行を抜き出す操作です。


キーワード
・関係演算

キーワードの解説
  • 関係演算(関係代数)
    関係データベースにおいて、集合論と一階述語論理に基づいて、関係として表現されたデータを扱う、コンピュータ科学における代数的な演算のことです。
    関係代数の演算子としては、和、差、交わり、直積、制限(選択)、射影、結合、商の8種類がある。
    和:和集合を同じ演算になります。
    差:差集合と同じ演算になります。
    直積:二つの集合から組合せで新しい集合を作ることです。
    射影:特定の属性のデータを取り出すことです。
    制限(選択):関係データから条件に合ったデータを取り出すことです。

もっと、「関係演算」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ