平成29年 春期 ITパスポート 問99

文書をAさんからBさんに送るとき、公開鍵暗号方式を用いた暗号化とディジタル署名によって、セキュリティを確保したい。
このとき、Aさんの公開鍵が使われる場面はどれか。

 ア  Aさんが送る文書の暗号化
 イ  Aさんが送る文書へのディジタル署名の付与
 ウ  Bさんが受け取った文書に付与されたディジタル署名の検証
 エ  Bさんが受け取った文書の復号


答え ウ


解説
公開鍵暗号方式を用いた暗号化とディジタル署名を行う場合、送信者は暗号化は送る相手(受信者)の公開鍵で暗号化し、復号は受信者が自身の秘密鍵で行います。
また、ディジタル署名は送信者は自身の秘密鍵で暗号化し、受信者は送信者の公開鍵で復号します。


キーワード
・ディジタル署名

キーワードの解説
  • ディジタル署名
    ディジタルデータ(文書、プログラムなど)が正当なものであることを保証するための、データのことです。
    ディジタル署名は保証するデータからハッシュ関数を使ってハッシュ値を求め、ハッシュ値を暗号化アルゴリズムで暗号化して生成します。
    データとディジタル署名を受け取った側は、データからハッシュを求め、復号したディジタル署名と比較することでデータの正しさを確認します。

もっと、「ディジタル署名」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ