平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問24

音声などのアナログデータをディジタル化するために用いられるPCMにおいて、音の信号を一定の周期でアナログ値のまま切り出す処理はどれか。

 ア  暗号化  イ  標本化  ウ  符号化  エ  量子化


答え イ


解説
音声をアナログデータからディジタル変換する場合には、一定の周期ごとに値を測定(標本化)し、測定した値をディジタルに変換(量子化)します。(イ)


キーワード
・サンプリング
・量子化

キーワードの解説
  • サンプリング(sampling、標本化)
    一定時間ごとにデータを記録することです。
    記録する時間間隔が短いほどもとのデータに忠実なデータの変化をとらえることができます。
  • 量子化
    アナログデータをディジタルデータに変換することです。変換後のディジタルデータのサイズを大きくする(とりうる範囲を大きくする)と、精度を上げることができます。

もっと、「量子化」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ