平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問30

本社と工場との間を専用線で接続してデータを伝送するシステムがある。
とのシステムでは2,000バイト/件の伝票データを2件ずつまとめ、それに400バイトのヘッダ情報を付加して送っている。
伝票データは、1時間に平均100,000件発生している。
回線速度を1Mビット/秒としたとき、回線利用率はおよそ何%か。

 ア  6.1  イ  44  ウ  49  エ  53


答え ウ


解説
1回に送信するデータのサイズは1件当たり2,000バイトの伝票データ2件と、ヘッダ情報の400バイトなので、
 2000バイト×2 + 400 = 4,400バイト
であり、1時間に100,000件分の伝票送るので、1時間当たりの送信データ量は
 4,400バイト×100,000件÷2 = 220,000,000バイト = 220Mバイト
である。
使用する回線の速度は1Mビット/秒なので回線利用率は
 220Mバイト/時間×8ビット÷1Mビット/秒 = 1,760Mビット/時間÷3,600秒÷1Mビット = 0.4888… ≒ 49%
(ウ)になる。


キーワード
・回線利用率

キーワードの解説
  • 回線利用率
    回線利用率はネットワークの回線の混雑度を示す値であり、
     単位時間当りの通信のデータ量÷使用している回線の通信能力
    の式で求めることができる。
    通常、回線利用率としては60%が目安と言われています。
    LANの場合、昔の同軸ケーブルの10Base-5では回線利用率が30%を超えるとエラー(衝突)が多くなり、性能がどんどん落ちてしまいました。

もっと、「回線利用率」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ