平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問62

ITサービスをアウトソーシングする際の、システム保守品質・運用品質の低下リスクへの対応策はどれか。

 ア  アウトソーシング後の自社の人材強化計画の提案を、委託先の選定段階で求め、契約書などにも明文化しておく。
 イ  サービス費用の妥当性を検証できるように、サービス別の詳細な料金体系を契約書などで明文化しておく。
 ウ  サービス品質を示す指標を用い、目標とする品質のレベルを委託先と取り決めた上で、サービス品質の改善活動を進めていく。
 エ  システム保守・運用実務などのサービス費用について、査定能力をもつ人材を自社側に確保しておく。


答え ウ


解説

 ア  アウトソーシング後の自社の人材強化計画の提案を、委託先の選定段階で求め、契約書などにも明文化しておくのは、自社での運用に戻す時の人材不足リスクへの対応策です。
 イ  サービス費用の妥当性を検証できるように、サービス別の詳細な料金体系を契約書などで明文化しておくのは、効率性低下のリスクへの対応策です。
 ウ  サービス品質を示す指標を用い、目標とする品質のレベルを委託先と取り決めた上で、サービス品質の改善活動を進めていくのは、システム保守品質・運用品質の低下リスクへの対応策です。
 エ  システム保守・運用実務などのサービス費用について、査定能力をもつ人材を自社側に確保しておくのは、効率性低下のリスクへの対応策です。


キーワード
・アウトソーシング

キーワードの解説
  • アウトソーシング(outsourcing)
    自社の得意な分野に経営資源を集中するため、一部の業務を外部に委託することです。
    他社と差別化を行いにくいIT分野(情報システム)や、人事、経理、総務などの間接業務を外部に委託します。
    オフショアアウトソーシング(offshore outsourcing)は、アウトソーシング先として海外のベンダを利用することです。

もっと、「アウトソーシング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ