平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問65

非機能要件の定義で行う作業はどれか。

 ア  業務を構成する機能間の情報(データ)の流れを明確にする。
 イ  システム開発で利用するプログラム言語に合わせた開発基準、標準の技術要件を作成する。
 ウ  システム機能として実現する範囲を定義する。
 エ  他システムとの情報授受などのインタフェースを明確にする。


答え イ


解説

 ア  業務を構成する機能間の情報(データ)の流れを明確にするのは、機能要件で定義する内容です。
 イ  システム開発で利用するプログラム言語に合わせた開発基準、標準の技術要件を作成するのは、非機能要件で定義する内容です。
 ウ  システム機能として実現する範囲を定義するのは、機能要件で定義する内容です。
 エ  他システムとの情報授受などのインタフェースを明確にするのは、機能要件で定義する内容です。


キーワード
・非機能要件

キーワードの解説
  • 非機能要件
    機能性要件やユーザビリティ要件以外のアプリケーションに対する要件です。
    管理性、運用性、保守性、可用性と信頼性、キャパシティとパフォーマンス、セキュリティ、継続性、財務などがあります。

もっと、「非機能要件」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ