平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問78

当期の建物の減価償却費を計算すると、何千円になるか。
ここで、建物の取得価額は10,000千円、前期までの減価償却累計額は3,000千円であり、償却法方法は定額法、会計期間は1年間、耐用年数は20年とし、残存価額は0円とする。

 ア  150  イ  350  ウ  500  エ  650


答え ウ


解説
問題文の建物の取得価額は10,000千円、、償却法方法は定額法、会計期間は1年間、耐用年数は20年、残存価額は0円から、1年間の原価償却額は取得価額を耐用年数で等分した金額になるので、
 1年間の減価償却額 = 取得価額÷耐用年数 = 10,000千円÷20年 = 500千円
(ウ)である。


キーワード
・減価償却

キーワードの解説
  • 減価償却
    企業会計に関する購入費用の計算の方法で、長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)の際の支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分します。

もっと、「減価償却」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ