平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問45

VPNで使用されるセキュアなプロトコルであるIPsec、L2TP、TLSの、OSI基本参照モデルにおける相対的な位置関係はどれか。

 ア  A  イ  B  ウ  C  エ  E


答え ウ


解説
セキュアなプロトコルであるIPsec、L2TP、TLSは

  • IPsec(Security Architecture for Internet Protocol)
    IPパケット単位でデータを暗号化することで、データの改ざん防止や秘匿機能を行うプロトコルで、OSI基本参照モデルのの第3層ネットワーク層で暗号化を行うため、暗号化機能のないトランスポート層やアプリケーション層のプロトコルでも暗号化を利用できる。
  • L2TP(Security Architecture for Internet Protocol)
    インターネットなどの公衆回線上に仮想的なトンネルを作りPPP接続することで、VPNを構築するプロトコルで、OSI基本参照モデルの第2層データリンク層で暗号化を行います。
  • TLS(Transport Layer Security)
    TCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコルで、第4層トランスポート層とその上位層間で暗号を行います。
したがって、これを図にすると
 
(ウ)になります。


キーワード
・VPN

キーワードの解説
  • VPN(Virtual Private Network)
    公衆回線(通常の電話回線など)を専用線のように利用するための技術です。
    企業で本社・支店のような拠点間のネットワークは盗聴(データの漏えい)などのリスクから専用線を利用していたが、VPNを使用することで公衆回線(公衆網)を利用することができ、コストの削減などが可能になる。

もっと、「VPN」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ