平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問49

アジャイル開発で“イテレーション”を行う目的のうち、適切なものはどれか。

 ア  ソフトウェアに存在する顧客の要求との不一致を解消したり、要求の変化に柔軟に対応したりする。
 イ  タスクの実施状況を可視化して、いつでも確認できるようにする。
 ウ  ペアプログラミングのドライバとナビゲータを固定化させない。
 エ  毎日決めた時刻にチームメンバが集まって開発の状況を共有し、問題が拡大したり、状況が悪化したりするのを避ける。


答え ア


解説
アジャイルソフトウェア開発ではシステム開発を小さなシステム開発の集合ととしてとらえ、小さなシステム開発の一連の工程を短い期間に実施し、それを繰り返すことで全体システムの開発を行いますが、イテレーション(iteration)とは、この繰り返し行うサイクルのことです。
このイテレーションを行うことで、計画の変更や要求機能の変更、要求との不一致箇所の修正などが容易になります。


キーワード
・アジャイルソフトウェア開発

キーワードの解説
  • アジャイルソフトウェア開発
    ソフトウェア要求仕様の変更などの変化に対して機敏な対応ができ、顧客に価値あるソフトウェアを迅速に提供することを目的とするソフトウェア開発方法論の総称です。
    それまでの重厚長大なシステムを開発するためのプロセスから、小さなシステムを組み合わせて目的とするシステムを構築するためのプロジェクトに適した軽量級の開発プロセスとして、開発手法や開発プロセスが考え出されました。

もっと、「アジャイルソフトウェア開発」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ