平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問56

新システムの開発を計画している。
提案された4案の中で、TCO(総所有費用)が最小のものはどれか。
ここで、このシステムは開発後、3年間使用されるものとする。

単位 百万円
A案 B案 C案 D案
ハードウェア導入費用 30 30 40 40
システム開発費用 30 50 30 40
導入教育費用 5 5 5 5
ネットワーク通信費用/年 20 20 15 15
保守費用/年 6 5 5 5
システム運用費用/年 6 4 6 4

 ア  A案  イ  B案  ウ  C案  エ  D案


答え ウ


解説
表の各項目はすべてTCOの対象となるので、総費用を下の計算式で計算する。
 総費用 = ハードウェア導入費用 + システム開発費用 + 導入教育費用 + (ネットワーク通信費用/年 + 保守費用/年 + システム運用費用/年)×3年

  • A案
    30 + 30 + 5 + (20 + 6 + 6)×3 = 161百万円
  • B案
    30 + 50 + 5 + (20 + 5 + 4)×3 = 172百万円
  • C案
    40 + 30 + 5 + (15 + 5 + 6)×3 = 153百万円
  • D案
    40 + 40 + 5 + (15 + 5 + 4)×3 = 157百万円
したがって、TCOが最小なのは案C(ウ)になる。


キーワード
・TCO

キーワードの解説
  • TCO(Total Cost of Ownership、総保有コスト、総所有費用)
    設備を導入する際に発生する、購入から廃棄までに必要な支出の総計のことです。
    設備の導入計画を行うときに、購入費用、維持・管理費用(消耗品、保険なども含まれる)、廃棄費用を算出し、費用対効果などを検討するために使用します。

もっと、「TCO」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ