平成29年 春期 データベーススペシャリスト 午前II 問1

データベースの3層スキーマアーキテクチャに関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  概念スキーマは、内部スキーマと外部スキーマの間に位置し、エンティティやデータ項目相互の関係に関する情報を持つ。
 イ  外部スキーマは、概念スキーマをコンピュータ上に具体的に実現させるための記述であり、データベースに対して、ただ一つ存在する。
 ウ  サブスキーマは、複数のデータベースを統合した内部スキーマの一部を表す。
 エ  内部スキーマは、個々のプログラム又はユーザの立場から見たデータベースの記述である。


答え ア


解説

 ア  概念スキーマは、内部スキーマと外部スキーマの間に位置し、エンティティやデータ項目相互の関係に関する情報を持ちます。
 イ  外部スキーマは、ユーザー側やアプリケーション側から見た構造のことで、概念スキーマをコンピュータ上に具体的に実現させるための記述は物理スキーマになります。
 ウ  サブスキーマは、外部スキーマのことです。
 エ  内部スキーマは、データの論理的関係を表現するもので、個々のプログラム又はユーザの立場から見たデータベースの記述は外部スキーマになります。


キーワード
・3層スキーマ構造

キーワードの解説
  • 3層スキーマ構造
    データベースシステムの基本的な構成を3つの構造で定義したもので、ほとんどのDBMSで取り入れられている考え方です。
    • 外部スキーマ
      データベース利用者に必要なデータの定義。
    • 概念スキーマ
      データベースで管理するデータの定義。
    • 内部スキーマ
      データの物理的な格納方法の定義。

もっと、「3層スキーマ構造」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ