平成29年 春期 エンベデッドシステムスペシャリスト 午前II 問13

図の2相パルスを出力するインクリメンタル型ロータリエンコーダがある。
1回転当たりの出力パルス数が90パルスとするとき、分解能は何度か。
ここで、A相とB相は位相が90度ずれているものとする。

 ア  1  イ  2  ウ  3  エ  4


答え ア


解説
A相の1パルスの中に、A相とB相の信号の組合せは、High-High、Low-High、Low-Low、High-Lowの4つがあり、それぞれの位置を検知できるので、1回転90パルスの場合、1回転する間に
 90パルス×4 = 360個
の状態を検知できるので、分解能は1度(ア)になる。


キーワード
・ロータリエンコーダ

キーワードの解説
  • ロータリエンコーダ(rotary encoder)
    入力軸の回転の変位を内蔵した格子円盤を基準としてデジタル信号として出力する角位置センサで、回転を測定する際に用います。

もっと、「ロータリエンコーダ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ