平成29年 春期 プロジェクトマネージャ 午前II 問7

チームの発展段階を五つに区分したタックマンモデルによれば、メンバの異なる考え方や価値観が明確になり、メンバがそれぞれの意見を主張し合う段階はどれか。

 ア  安定期(Norming)  イ  遂行期(Performing)
 ウ  成立期(Forming)  エ  動乱期(Storming)


答え エ


解説
タックマンモデルで、メンバの異なる考え方や価値観が明確になり、メンバがそれぞれの意見を主張し合う段階は動乱期(Storming)(エ)です。


キーワード
・タックマンモデル

キーワードの解説
  • タックマンモデル
    チームが形成されていく過程を4段階で表し、最後に解散する時期のチーム状態を加えた5段階として論理を展開しています。
    • 成立期(Forming)
      メンバーが決定し、メンバがお互いのことを知らない状態
    • 動乱期(Storming)
      目的・目標に対する意見の違いや、人間関係、作業の進め方についての対立が発生する状態
    • 安定期(Norming)
      目的や進め方、メンバの役割が共有されている状態
    • 遂行期(Performing)
      結束力が生まれメンバが互いに協力できるようになる段階
    • 解散期(Adjourning)
      プロジェクトが終了し、メンバが移動し関係が終了する段階

もっと、「タックマンモデル」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ