平成29年 春期 情報処理安全確保支援士 午前II 問23

コンテンツの不正な複製を防止する方式の一つであるDTCP-IPの説明として、適切なものはどれか。

 ア  BSデジタル放送や地上デジタル放送に採用され、コピーワンスの番組を録画するときに使われる方式
 イ  DLNAとともに用いられ、接続する機器間で相互認証し、コンテンツ保護が行えると認識して初めて録画再生を可能にする方式
 ウ  DVDに採用され、映像コンテンツを暗号化して、複製できないエリアにその暗号化鍵を記録する方式
 エ  HDMI端子が搭載されたディジタルAV機器に採用され、HDMI端子から表示機器にディジタル信号を送るときに受信する経路を暗号化する方式


答え イ


解説

 ア  CPRM(Content Protection for Recordable Media)の説明です。
 イ  DTCP-IPの説明です。
 ウ  CSS(Content Scramble System)の説明です。
 エ  HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)の説明です。


キーワード
・DTCP-IP

キーワードの解説
  • DTCP-IP(Digital Transmission Content Protection over Internet Protocol)
    IPネットワーク内で、著作権保護技術(DRM)により保護されたコンテンツを伝送するための技術規格です。
    コンテンツを暗号化してIPネットワーク上に送信することで、パケットの盗聴によるコンテンツの不正なコピーを防ぎ、さらにコンテンツが家庭内LANからインターネットなどの外部のネットワークへ流出することを防ぐことでコンテンツの著作権を保護します。

もっと、「DTCP-IP」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ