平成29年 春期 情報セキュリティマネジメント 午前 問20

ディジタル署名などに用いるハッシュ関数の特徴はどれか。

 ア  同じメッセージダイジェストを出力する異なる2つのメッセージが、容易に求められる。
 イ  メッセージが異なっていても、メッセージダイジェストは同じである。
 ウ  メッセージダイジェストからメッセージを復元することは困難である。
 エ  メッセージダイジェストの長さはメッセージの長さによって異なる。


答え ウ


解説

 ア  ハッシュ関数で同じメッセージダイジェストを出力する2つのメッセージを見つけることは困難です。
 イ  ハッシュ関数ではメッセージが異なっていれば、違うメッセージダイジェストになります。
 ウ  ハッシュ関数で生成したメッセージダイジェストから元のメッセージを復元することはできません。
 エ  ハッシュ関数が生成するメッセージダイジェストの長さは固定です。


キーワード
・ハッシュ関数

キーワードの解説
  • ハッシュ関数
    与えられたデータを一定のデータの要約を出力する処理のこと。
    ハッシュ関数によって得られた値をハッシュ値といいます。
    ハッシュ関数の特徴として「似たデータのハッシュ値は似ていない」「生成されるハッシュ値に偏りがない」などがあります。

もっと、「ハッシュ関数」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ