平成29年 春期 情報セキュリティマネジメント 午前 問40

システムの利用部門の利用者と情報システム部門の運用者が合同で、システムの運用テストを実施する。
利用者が優先して確認すべき事項はどれか。

 ア  オンライン処理、バッチ処理などが、運用手順どおりに稼働すること
 イ  決められた業務手順どおりに、システムが稼働すること
 ウ  全てのアプリケーションプログラムが仕様書どおりに機能すること
 エ  目標とする性能要件を満たしていること


答え イ


解説
システムの利用部門の利用者が、本稼働前に運用テストで優先して確認すべき事項としては、決められた業務手順どおりに、システムが稼働すること(イ)になります。
なお、情報システム部門の運用者が優先して確認すべき事項は、全てのアプリケーションプログラムが仕様書どおりに機能することです。


キーワード
・運用テスト

キーワードの解説
  • 運用テスト
    運用テストは開発環境や模擬環境で行った、システムテストのあと、実際に運用を行う環境で行うテストである。
    運用テストの目的は、開発したシステム(ソフトウェア)が機能的・性能的に問題ないことと、他のシステムに対し影響を与えないことの確認である。
    運用テストは運用テスト、テストを行う環境がユーザ部門の範疇であるため、運用テストはユーザ部門が実施する。

もっと、「運用テスト」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ