平成29年 春期 情報セキュリティマネジメント 午前 問42

ITサービスマネジメントにおける問題管理プロセスの目的はどれか。

 ア  インシデントの解決を、合意したサービス目標及び時間枠内に達成することを確実にする。
 イ  インシデントの未知の根本原因を特定し、恒久的な解決策を提案したり、インシデントの発生を事前予防的に遺防止したりする。
 ウ  合意した目標の中で、合意したサービス継続及び可用性のコミットメントを果たすことを確実にする。
 エ  全ての変更を制御された方法でアセスメントし、承認し、実施し、レビューすることを確実にする。


答え イ


解説

 ア  インシデントの解決を、合意したサービス目標及び時間枠内に達成することを確実にするのは、サービスレベル管理プロセスです。
 イ  インシデントの未知の根本原因を特定し、恒久的な解決策を提案したり、インシデントの発生を事前予防的に遺防止したりするのは、問題管理プロセスです。
 ウ  合意した目標の中で、合意したサービス継続及び可用性のコミットメントを果たすことを確実にするのは、サービス継続及び可用性管理プロセスです。
 エ  全ての変更を制御された方法でアセスメントし、承認し、実施し、レビューすることを確実にするのは、変更管理プロセスです。


キーワード
・問題管理

キーワードの解説
  • 問題管理
    発生したインシデントの根本的な対策を行うことです。
    また、問題管理ではOSやソフトウェアパッケージの不具合情報を監視し、インシデントの発生の防止を行います。

もっと、「問題管理」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ