平成29年 春期 情報セキュリティマネジメント 午前 問49

受注管理システムにおける要件のうち、非機能要件に該当するものはどれか。

 ア  顧客から注文を受け付けるとき、与信残金額を計算し、結果がマイナスになった場合は、入力画面に警告メッセージを表示すること
 イ  受注管理システムの稼働率を決められた水準に維持するために、障害発生時は半日以内に回復できること
 ウ  受注を処理するとき、在庫切れの商品であることが分かるように担当者に警告メッセージを出力すること
 エ  出荷できる商品は、顧客から受注した情報を受注担当者がシステムに入力し、営業管理者が受注承認入力を行ったものに限ること


答え イ


解説

 ア  受注管理システムにとって与信のチェックは機能要件です。
 イ  システムの稼働率に関係するものは非機能要件です。
 ウ  在庫切れの商品であることが分かるように警告メッセージを出力することは機能要件です。
 エ  出荷の条件に受注承認を必要とするのはルールなので機能要件です。


キーワード
・非機能要件

キーワードの解説
  • 非機能要件
    機能性要件やユーザビリティ要件以外のアプリケーションに対する要件です。
    管理性、運用性、保守性、可用性と信頼性、キャパシティとパフォーマンス、セキュリティ、継続性、財務などがあります。

もっと、「非機能要件」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ