平成19年 秋期 ソフトウェア開発技術者 午前

12月19日 平成27年秋期試験の合格発表の結果を追加
6月18日 平成28年春期試験の合格発表の結果を追加
12月16日 平成28年秋期試験の合格発表の結果を追加


問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40
問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80

戻る トップページへ


試験の結果について

 「受験者数」「合格者数」「合格率」を表にまとめてみました。

(情報処理技術者試験センター発表資料より抜粋)
年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成16年度春期 47,880 7,717 16.1
平成17年度春期 41,521 6,157 14.8
平成17年度秋期 31,192 3,348 10.7
平成18年度春期 30,312 4,264 14.1
平成18年度秋期 28,757 5,051 17.6
平成19年度春期 30,800 5,600 18.2
平成19年度秋期 32,377 5,366 16.6
平成20年度春期 31,602 5,371 17.0
平成20年度秋期 33,037 6,225 18.8
平成21年度春期 36,653 9,549 26.1
平成21年度秋期 41,565 8,908 21.4
平成22年度春期 42,338 8,592 20.3
平成22年度秋期 43,226 9,898 22.9
平成23年度春期 37,631 7,745 20.6
平成23年度秋期 36,498 8,612 23.6
平成24年度春期 35,072 7,945 22.7
平成24年度秋期 38,826 7,941 20.5
平成25年度春期 33,153 6,354 19.2
平成25年度秋期 34,314 6,362 18.5
平成26年度春期 29,265 5,969 20.1
平成26年度秋期 33,090 6,686 20.2
平成27年度春期 30,137 5,728 19.0
平成27年度秋期 33,253 7,791 23.4
平成28年度春期 28,229 5,801 20.5
平成28年度秋期 35,064 7,511 21.4

 平成19年度秋期試験は、受験者数が年2回実施になってからでは最多になりました。一時期の受験者の減少は止まったようですね。
 合格率は昨年の秋期、今年の春期より少し下がりましたが、それでも16.6%ですので、かなり高いのではないでしょうか。(受験した人の6人に1人の割合で合格ですね。)

 ソフトウェア技術者試験の現行制度での試験は来年(平成20年度、2008年)の秋期試験までで、再来年(平成21年度、2009年)春期試験からは名称が変わって、『応用情報技術者試験』になります。
 情報処理技術者試験センターの発表では、試験範囲の変更と名称変更程度のように書かれていますが、名称が「基本情報技術者試験」に対応する『応用情報技術者試験』だとすると、対象とする技術者も変わるのではないでしょうか。

 現行の試験であった、「ソフトウェア技術者試験」の合格者は「アプリケーションエンジニアリング試験」「プロジェクトマネージャ試験」「システムアナリスト試験」の午前試験の免除される制度ですが、新しい試験制度でも引き継がれます。しかも、免除対象の試験区分は多くなっています。
 ただ、新制度では午前試験がI(共通)とII(専門)に別れ、免除対象が午前I(共通)のみなので、高度情報処理試験を目指す人が午前免除のためだけに受験するという意味は薄くなったかもしれませんね。(判断が難しいところですね。)


最終更新日:2016年12月16日 FUJIX

戻る トップページへ