H27 技術士(情報工学)情報ネットワーク II-1-2:IPv6ヘッダとIPv4ヘッダの違い


(1)ヘッダ長
IPv6のヘッダとIPv4のヘッダでもっとも大きく異なるのは、送信元・送信先のIPアドレスのサイズであり、IPv4では32ビットだったものがIPv6では128ビットになっている。IPv4の32ビットではIPアドレスを割り振ることのできるノード数が約43億台であり、世界的規模で見ると1人に1つのIPアドレスを割当てることも難しくIPアドレスが不足しているが、IPv6では128ビットとIPv4の43億個の4乗になるので、現実的にIPアドレスが不足することがなくなった。
(2)アドレス長
次に異なるのはIPv6のヘッダ長は固定で、IPv4のような拡張機能がないことである。ヘッダが固定長なのでIPヘッダを見て動作するルータなど中継装置の負荷の軽減が期待できる。
(3)チェックサム
IPv6ヘッダではIPv4ヘッダにあったヘッダのチェックサムがなくなっている。IPヘッダにはIPv4のTTL、IPv6のHop Limitと生存時間情報があり、データを中継するルータが中継時にこの値を1減算する処理を行っている。この生存時間の減算処理を行うとヘッダのチェックサム値の再計算が必要であり、ルータでは中継するデータの全てについてチェックサムの再計算を行っているため、ルータの処理能力の足かせになっていたがIPv6ではチェックサムがないためルータのスループットの向上が期待できる。


[Intermission]
IPv6での最も大きな違いはIPアドレスのサイズですが、それ以外にも幾つか違いがあり、その中でもヘッダチェックサムの削除はルータのスループット向上への影響が大きいので記述したほうがいいと思います。



戻る 一覧へ