2021年 秋期 応用情報技術者 午前 問33

PCが、NAPT(IPマスカレード)機能を有効にしているルータを経由してインターネットに接続されているとき、PCからインターネットに送出されるパケットのTCPとIPのヘッダのうち、ルータを経由する際に書き換えられるものはどれか。

 ア  宛先のIPアドレスと宛先のポート番号
 イ  宛先のIPアドレスと送信元のIPアドレス
 ウ  送信元のポート番号と宛先のポート番号
 エ  送信元のポート番号と送信元のIPアドレス


答え エ


解説
NAPT(IPマスカレード)では、インターネットへの送信時には送信元のIPアドレスと送信元のTCPポート番号(エ)を書き換えます。
宛先のIPアドレスと宛先のTCPポート番号を書き換えると、宛先が変わり正しい宛先に届かなくなるので書き換えることはしません。
なお、インターネットから受信時には宛先のIPアドレスと宛先のTCPポート番号を書き換えます。


キーワード
・IPマスカレード

キーワードの解説
  • IPマスカレード(IP masquerade、Network Address Port Translation、NAPT)
    ネットワーク上のパケットについているIP層のIPアドレスと、TCP(UDP)層のポート番号を変換する機能です。
    プライベートIPアドレスが付与されたローカルなネットワーク上のマシンから、グローバルIPアドレスのインターネット上のマシンにアクセスを行う場合、通信パケット上のアドレスを変換する必要があり、それを行うのがNATやNAPTである。
    NAT(Network Address Translation)ではIPアドレスだけだったが、NAPTではTCP/UDPポート番号の変換もする。

もっと、「NAPT」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ