2021年 秋期 システム監査技術者 午前 問3

システム管理基準(平成30年)に規定されたアジャイル開発において留意すべき取扱いとして、最も適切なものはどれか。

 ア  開発チームは、あらかじめ計画した組織体制及び開発工程に基づく分業制をとり、開発を進めること
 イ  開発チームは、開発工程ごとの完了基準に沿って、開発プロセスを逐次的に進めること
 ウ  プロダクトオーナー及び開発チームは、反復開発の開始後に、リリース計画を策定すること
 エ  プロダクトオーナー及び開発チームは、利害関係者へのデモンストレーションを実施すること


答え エ


解説
システム管理基準(平成30年)ではアジャイル開発で留意する点として

  1. 利用部門と情報システム部門・ビジネス部門が一体となったチームによって開発を実施すること
  2. アジャイル開発では、反復開発を実施すること
  3. プロダクトオーナーは、開発目的を達成するために必要な権限を持つこと
  4. 開発チームは、複合的な技能と、それを発揮する主体性を持つこと
  5. プロダクトオーナーと開発チームは、反復開発によって、ユーザが利用可能な状態の情報システムを継続的にリリースすること
  6. プロダクトオーナーと開発チームは、反復開発を開始する前にリリース計画を策定すること
  7. プロダクトオーナー及び開発チームは、緊密なコミュニケーションの構築ためのミーティングを実施すること
  8. プロダクトオーナー及び開発チームは、イテレーション毎に情報システム、及びその開発プロセスを評価すること
  9. プロダクトオーナー及び開発チームは、利害関係者へのデモンストレーションを実施すること
とあります。


キーワード
・アジャイルソフトウェア開発

キーワードの解説
  • アジャイルソフトウェア開発
    ソフトウェア要求仕様の変更などの変化に対して機敏な対応ができ、顧客に価値あるソフトウェアを迅速に提供することを目的とするソフトウェア開発方法論の総称です。
    それまでの重厚長大なシステムを開発するためのプロセスから、小さなシステムを組み合わせて目的とするシステムを構築するためのプロジェクトに適した軽量級の開発プロセスとして、開発手法や開発プロセスが考え出されました。

もっと、「アジャイルソフトウェア開発」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ