2021年 秋期 システム監査技術者 午前 問12

データセンタにおけるコールドアイルの説明として、適切なものはどれか。

 ア  IT機器の冷却を妨げる熱気をラックの前面(吸気面)に回り込ませないための板であり、IT機器がマウントされていないラックの空き部分に取り付ける。
 イ  寒冷な外気をデータセンタ内に直接導入してIT機器を冷却するときの、データセンタへの外気の吸い込み口である。
 ウ  空調機からの冷気とIT機器からの熱排気を分離するために、ラックの前面(吸気面)同士を対向配置したときの、ラックの前面同士に挟まれた冷気の通る部分である。
 エ  発熱量が多い特定の領域に対して、全体空調とは別に個別空調装置を設置するときの、個別空調用の冷媒を通すパイプである。


答え ウ


解説
コールドアイルは、空調機からの冷気とIT機器からの熱排気を分離するために、ラックの前面(吸気面)同士を対向配置したときの、ラックの前面同士に挟まれた冷気の通る部分です。
ホットアイルとコールドアイルをはっきり区分けすることにより、空調機を使って冷却した空気を効率よくIT機器に供給でき、サーバ室内の冷却効率が向上し、空調機が消費する電力の削減が期待できます。


キーワード
・ホット/コールドアイル

キーワードの解説
  • ホット/コールドアイル(hot/cold aisle)
    ホットアイルとはサーバラックの列で区切られたサーバ室内の空間のうち、サーバの排熱だけを集めた空間のことで、コールドアイルは空調機が送り出してサーバが吸引する冷気を集めた空間のことです。
    ホットアイルとコールドアイルを区分けしないと冷気と暖気が混ざって効率的な冷却ができず熱による問題が発生します。

もっと、「コールドアイル」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ