2021年 春期 ITパスポート 問11

RPA(Robotic Process Automation)の特徴として、最も適切なものはどれか。

 ア  新しく設計した部品を少ロットで試作するなど、工場での非定形的な作業に適している。
 イ  同じ設計の部品を大量に製造するなど、工場の定型的な作業に適している。
 ウ  システムエラー発生時に、状況に応じ実行する処理を選択するなど、PCで実施する非定形的な作業に適している。
 エ  受注データの入力や更新など、PCで実施する定型的な作業に適している。


答え エ


解説

 ア  新しく設計した部品を少ロットで試作するなど、工場での非定形的な作業に適しているのは、セル生産方式です。(×)
 イ  同じ設計の部品を大量に製造するなど、工場の定型的な作業に適しているのは、ライン生産方式です。(×)
 ウ  システムエラー発生時に、状況に応じ実行する処理を選択するなど、PCで実施する非定形的な作業は、AI(人口知能)を用います。(×)
 エ  受注データの入力や更新など、PCで実施する定型的な作業に適しているのは、RPAです。(〇)


キーワード
・RPA

キーワードの解説
  • RPA(Robotic Process Automation、ロボットによる業務自動化)
    ホワイトカラーのデスクワーク(定型業務)を、コンピュータに組み込んだソフトウェア型のロボット(AIなど)によって代行や自動化する概念です。
    このソフトウェア型ロボットのことを、“デジタルレイバー”(Digital Labor)や“デジタルワーカー”(Digital Worker)、“仮想知的労働者”と呼びます。

もっと、「RPA」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ