2021年 春期 ITパスポート 問14

ソフトウェアライフサイクルを、企画プロセス、要件定義プロセス、開発プロセス、運用プロセスに分けるとき、システム化計画を踏まえて、利用者及び他の利害関係者が必要とするシステムの機能を明確にし、合意を形成するプロセスはどれか。

 ア  企画プロセス  イ  要件定義プロセス
 ウ  開発プロセス  エ  運用プロセス


答え イ


解説

 ア  企画プロセスは、事業の目的・目標を実現するために必要なシステム化の方針と、そのシステムを実現するため実施計画を得るプロセスです。
 イ  要件定義プロセスは、利用者及び他の利害関係者が必要とするシステムの機能を明確にし、合意を形成するプロセスです。
 ウ  開発プロセスは、ニーズに合ったソフトウェア開発などシステムの構築するプロセスです。
 エ  運用プロセスは、開発したITシステムをユーザにリリースし運用(保守)を行うプロセスです。


キーワード
・ソフトウェアライフサイクルプロセス

キーワードの解説
  • ソフトウェアライフサイクルプロセス(software life cycle process、SLCP、共通フレーム)
    ソフトウェアの開発において、発注者側(顧客)と受注者側(開発者)の間で、役割分担、開発内容、責任範囲などについて誤解が生じないように、両者の間で用語を共有化するためのガイドラインです。
    従来の共通フレーム98が改定され、共通フレーム2007になり超上流プロセスの可視化や信頼性ガイドライン要素が追加されています。

もっと、「ソフトウェアライフサイクルプロセス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ