2021年 春期 ITパスポート 問25

暗号資産に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア  暗号資産交換業の登録業者であっても、利用者の情報管理が不適切なケースがあるので、登録がなくても信頼できる業者を選ぶ。
 イ  暗号資産の価格変動には制限が設けられているので、価値が急落したり、突然無価値になるリスクは考えなくてよい。
 ウ  暗号資産の利用者は、暗号資産交換業者から契約の内容などの説明を受け、取引内容やリスク、手数料などについて把握しておくとよい。
 エ  金融庁や財務局などの官公署は、安全性が優れた暗号資産の情報提供を行っているので、官公署の職員から勧められた暗号資産を主に取引する。


答え ウ


解説

 ア  暗号資産交換業の登録業者であっても、利用者の情報管理が不適切なケースがあるので、登録された業者から信頼できる業者を選ぶ。(×)
 イ  暗号資産の価格変動には制限が設けられているないので、価値が急落したり、突然無価値になるリスクは考えておく必要がある。(×)
 ウ  暗号資産の利用者は、暗号資産交換業者から契約の内容などの説明を受け、取引内容やリスク、手数料などについて把握しておくとよい。(〇)
 エ  金融庁や財務局などの官公署は、安全性が優れた暗号資産の情報提供を行っているとは限らないし、官公署の職員が暗号資産を勧めることはありません。(×)


キーワード
・暗号資産

キーワードの解説
  • 暗号資産(crypto currency)
    暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想的な資産(通貨)で、インターネットを通じて不特定多数の人や企業の間で物品やサービスの対価として使用でき、また専門の暗号資産交換業者(取引所)を通じて円やドル、ユーロなどの法定通貨と交換することも可能です。

もっと、「暗号資産」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ