2021年 春期 ITパスポート 問55

有料のメールサービスを提供している企業において、メールサービスに関する開発・設備投資の費用対効果の効率性を対象にしてシステム監査を実施するとき、システム監査人が所属している組織として、最も適切なものはどれか。

 ア  社長直轄の品質保証部門
 イ  メールサービスに必要な機器の調達を行う運用部門
 ウ  メールサービスの機能の選定や費用対効果の評価を行う企画部門
 エ  メールシステムの開発部門


答え ア


解説
システム監査人は監査の対象と成るシステムの(利害)関係部署である開発部門や運用部門ではない部署に所属していることが望まれるので、社長直轄の品質保証部門(ア)になる。


キーワード
・システム監査人の独立性

キーワードの解説
  • システム監査人の独立性
    “システム監査基準”にはシステム監査人の独立性について以下のように書かれています。
    • 外観上の独立性
      システム監査人は、システム監査を客観的に実施するために、監査対象から独立していなければならない。監査の目的によっては、被監査主体と身分上、密接な利害関係を有することがあってはならない。
    • 精神上の独立性
      システム監査人は、システム監査の実施に当たり、偏向を排し、常に公正かつ客観的に監査判断を行わなければならない。

もっと、「システム監査人の独立性」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ