2021年 春期 ITパスポート 問64

CPU内部にある高速小容量の記憶回路であり、演算や制御に関わるデータを一時的に記憶するのに用いられるものはどれか。

 ア  GPU  イ  SSD  ウ  主記憶  エ  レジスタ


答え エ


解説

 ア  GPU(Graphics Processing Unit)は、画像処理用のチップですが、AI(ディープラーニング)で行われる膨大な行列演算でも利用されています。(×)
 イ  SSD(Solid State Drive)は、記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置のことで、ハードディスクの替わりに使われます。(×)
 ウ  主記憶は(メインメモリ)、CPUなどのプロセッサが直接アクセスすることのできる記憶装置です。(×)
 エ  レジスタは、CPU内部にある高速小容量の記憶回路であり、演算や制御に関わるデータを一時的に記憶するのに用いられます。(〇)


キーワード
・レジスタ

キーワードの解説
  • レジスタ(register)
    CPU内部にある、演算処理や状態を保持するためのメモリ。
    非常に高速であるが、高価なので容量は非常に少ない。

もっと、「レジスタ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ