2021年 春期 ITパスポート 問76

IoTデバイス群とそれを管理するIoTサーバで構成されるIoTシステムがある。 全てのIoTデバイスは同一の鍵を用いて通信の暗号化を行い、IoTサーバではIoTデバイスが持つ鍵とは異なる鍵で通信の復号を行うとき、この暗号技術はどれか。

 ア  共通鍵暗号方式  イ  公開鍵暗号方式
 ウ  ハッシュ関数  エ  ブロックチェーン


答え イ


解説
暗号化と復号で異なる鍵を使用する暗号技術は公開鍵暗号方式(イ)です。
公開鍵暗号方式としてはRSAが広く使われていましたが、近年はより暗号強度の高い楕円曲線暗号が「使われるケースが増えています。


キーワード
・公開鍵暗号方式

キーワードの解説
  • 公開鍵暗号方式
    暗号化と復号で異なる鍵を使用する方法で、暗号化鍵を知られてもその鍵では復号できないため、鍵を第3者経由で配布することが可能である。
    相手に渡す鍵を公開鍵、自分で持っている鍵を秘密鍵といい、公開鍵で暗号化したデータは秘密鍵でのみ復号でき、秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵でのみ復号できる。
    公開鍵暗号方式には、RSAや楕円曲線暗号などがある。

もっと、「公開鍵暗号方式」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ