2021年 春期 ITパスポート 問78

OSS(Open Source Software)に関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  ソースコードを公開しているソフトウェアは、全てOSSである。
 イ  著作権が放棄されており、誰でも自由に利用可能である。
 ウ  どのソフトウェアも、個人が無償で開発している。
 エ  利用に当たり、有償サポートが提供される製品がある。


答え エ


解説

 ア  ソースコードを公開しているソフトウェアでも、OSS以外の条件で公開されているものがあります。(×)
 イ  OSSでソースコードが公開されていても、著作権が放棄されているわけではありません。(×)
 ウ  OSSでソースコードが公開されているソフトウェアの中には企業(ディストリビュータ)が有償で開発しているものがあります。(×)
 エ  企業が開発しているOSSのソフトウェアの中には、利用に当たり有償サポートが提供される製品があります。(〇)


キーワード
・OSS

キーワードの解説
  • OSS(Open Source Software)
    ソフトウェアの著作権を守りながら、ソースコードを無償で公開し、誰でもそのソフトウェアを使用・改良・再頒布を可能にするという考えである。
    OSSの定義には、OSI(団体)がOSDという定義をしていて、その内容は
    1. 自由な再頒布ができること
    2. ソースコードを入手できること
    3. 派生物が存在でき、派生物に同じライセンスを適当できること
    4. 差分情報の頒布を認める場合には、同一性の保持を要求してもよいこと
    5. 個人や集団を差別しないこと
    6. 利用分野に対する制限を設けないこと
    7. 再頒布時に追加ライセンスを必要としないこと
    8. 特定の製品に依存しないこと
    9. 同じ媒体で頒布される他のソフトウェアを制限しないこと
    10. 技術的に中立であること
    となっています。

もっと、「OSS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ