2021年 春期 ITパスポート 問86

店内に設置した多数のネットワークカメラから得たデータを、インターネットを介してIoTサーバに送信し顧客の行動を分析するシステムを構築する。 このとき、IoTゲートウェイを店舗内に配置し、映像解析処理を実行して映像から人物の座標データだけを抽出することによって、データ量を減らしてから送信するシステム形態をとった。 このようなシステム形態を何と呼ぶか。

 ア  MDM  イ  SDN
 ウ  エッジコンピューティング  エ  デュプレックスシステム


答え ウ


解説

 ア  MDM(Mobile Device Management)は、スマートフォンなどのモバイル端末を遠隔から統合的に管理する仕組みです。(×)
 イ  SDN(Software-Defined Networking)は、単一のソフトウェアによりネットワーク機器を集中的に制御して、ネットワーク構成や設定などを柔軟に動的に変更することができる「技術の総称」です。(×)
 ウ  エッジコンピューティングは、は、エッジ処理とも呼ばれ、端末の近くにサーバを分散配置するネットワーク技法です。(〇)
 エ  デュプレックスシステム(dual system)は2つのシステムで同じ処理を行い結果を比較して、同じ結果であればシステムが正常に動作していると判断する方法です。(×)


キーワード
・エッジコンピューティング

キーワードの解説
  • エッジコンピューティング(edge computing)
    利用者の近くにサーバを分散させて配置し、物理的な距離を短縮することで通信遅延を短縮する技術です。
    ここで、使用されるサーバをエッジサーバと呼びますが、利用者の近傍に配置されるということ以外の特徴はありません。

もっと、「エッジコンピューティング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ