2021年 春期 ITパスポート 問92

IoT機器からデータ収集を行い際の通信に用いられる、数十kmまでの範囲で無線通信が可能な広域性と省電力性を備えるものはどれか。

 ア  BLE  イ  LPWA  ウ  MDM  エ  MVNO


答え イ


解説

 ア  BLE(Bluetooth Low Energy)は、無線通信のBluetoothの一部で低消費電力の通信モードです。(×)
 イ  LPWAは、数十kmまでの範囲で無線通信が可能な広域性と省電力性を備えた通信技術です。(〇)
 ウ  MDM(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)は、移動体通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことです。(×)
 エ  MVNO(Mobile Device Management)は、スマートフォンの利用状況などを一元管理する仕組です。(×)


キーワード
・LPWA

キーワードの解説
  • LPWA(Low Power, Wide Area)
    少ない消費電力で、km単位の距離で通信できる無線通信技術の総称で、機器のバッテリー消費を抑えながら、データを収拾する基地局まで電波を届けることができるということで、特にIoT(Internet of the Things)向けなどに有用な技術になります。

もっと、「LPWA」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ