2021年 春期 応用情報技術者 午前 問10

ディープラーニングの学習にGPUを用いる利点として、適切なものはどれか。

 ア  各プロセッサコアが独立して異なるプログラムを実行し、異なるデータを処理できる。
 イ  汎用の行列演算ユニットを用いて、行列演算を高速に実行できる。
 ウ  浮動小数点演算ユニットをコプロセッサとして用い、浮動小数点演算ができる。
 エ  分岐予測を行い、パイプラインの利用効率を高めた処理を実行できる。


答え イ


解説

 ア  各プロセッサコアが独立して異なるプログラムを実行し、異なるデータを処理できるのは、マルチコアです。(×)
 イ  汎用の行列演算ユニットを用いて、行列演算を高速に実行できるのは、GPUです。(〇)
 ウ  浮動小数点演算ユニットをコプロセッサとして用い、浮動小数点演算ができるのは、FPU(Floating Point Unit)です。(×)
 エ  分岐予測を行い、パイプラインの利用効率を高めるのは、多くのCPUで採用されています。(×)


キーワード
・GPU

キーワードの解説
  • GPU(Graphics Processing Unit)
    3Dグラフィックスの表示に必要な計算処理を行う半導体チップで、従来の3Dグラフィックスアクセラレータと比べて担当する処理が多くなっています。
    人工知能(AI)のディープラーニングで行う行列演算処理も画像処理に似ているため、AIの計算を行うときにもGPUを使うケースが増えています。

もっと、「GPU」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ