2021年 春期 応用情報技術者 午前 問14

稼働率がx である装置を四つ組み合わせて、図のようなシステムを作ったときの稼働率をf (x )とする。 区間0≤x ≤1におけるy = f (x )の傾向を表すグラフはこれか。 ここで、破線はy = x のグラフである。

 ア    イ  
 ウ    エ  


答え エ


解説
このシステムは稼働率がx である装置が二つ直列に接続した
 
が、二つ並列に接続している。
二つ直列に接続した時の稼働率はx 2になるので、システム全体の稼働率は
 1 - (1 - x 2)×(1 - x 2)
になり、これをグラフにすると
 
(エ)になる。


キーワード
・稼働率

キーワードの解説
  • 稼働率
    システムが正常に動作している割合です。
    計算式としては「正常に動作している時間÷(正常に動作している時間+故障している時間)」になります。
    稼働率を高くするためには、システムを故障しにくくすることも重要ですが、故障した場合の復旧にかかる時間を短くするようなことも大事です。

もっと、「稼働率」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ