2021年 春期 応用情報技術者 午前 問29

商品の注文を記録するクラス(顧客、商品、注文、注文明細)の構造を概念データモデルで表現する。 a〜dに入れるべきクラス名の組合せはどれか。 ここで、顧客は何度も注文を行い、一度に一つ以上の商品を注文でき、注文明細はそれぞれ1種類の商品に対応している。 また、モデルの表記にはUMLを用いる。

a b c d
顧客 注文 注文明細 商品
商品 注文 注文明細 顧客
注文 注文明細 顧客 商品
注文明細 商品 注文 顧客


答え ア


解説
各クラスの関係は

  • 顧客は何度も注文を行うので、顧客と注文の多重度は“1対多”になります。
  • 一度に一つ以上の商品を注文できるので、注文と注文明細の多重度は“1対多”になます。
  • 注文明細はそれぞれ1種類の商品に対応しているので、注文明細と商品の多重度は“多対1”になります。
のようになり、これを満たすクラス名の組み合わせは
a b c d
顧客 注文 注文明細 商品
になります。


キーワード
・概念データモデル

キーワードの解説
  • 概念データモデル
    ユーザの要件に基づいて、開発するシステムの大まかなエンティティとリレーションシップをまとめたモデルです。
    システム開発において最初に作成するモデルで、システムの全体を表したものになります。

もっと、「概念データモデル」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ