2021年 春期 応用情報技術者 午前 問42

JPCERTコーディネーションセンターの説明はどれか。

 ア  産業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会であり、産業標準化全般に関する調査・審議を行っている。
 イ  電子政府推奨暗号の安全性を評価・監視し、暗号技術の適切な実装法・運用法を調査・検討するプロジェクトであり、総務省及び経済産業省が共同で運営する暗号技術検討会などで構成される。
 ウ  特定の政府機関や企業から独立した組織であり、国内のコンピュータセキュリティインシデントに関する報告の受付、対応の支援、発生状況の把握、手口の分析、再発防止策の検討や助言を行っている。
 エ  内閣官房に設置され、我が国をサイバー攻撃から防衛するための司令塔機能を担う組織である。


答え ウ


解説

 ア  産業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会であり、産業標準化全般に関する調査・審議を行っているのは、日本産業標準調査会(JISC)です。(×)
※JISCは2019年に日本工業標準調査会から日本産業標準調査会に名称が変更になりました。
 イ  電子政府推奨暗号の安全性を評価・監視し、暗号技術の適切な実装法・運用法を調査・検討するプロジェクトであり、総務省及び経済産業省が共同で運営する暗号技術検討会などで構成されるのは、CRYPTREC(Cryptography Research and Evaluation Committees)です。(×)
 ウ  特定の政府機関や企業から独立した組織であり、国内のコンピュータセキュリティインシデントに関する報告の受付、対応の支援、発生状況の把握、手口の分析、再発防止策の検討や助言を行っているのは、JPCERTコーディネーションセンターです。(〇)
 エ  内閣官房に設置され、我が国をサイバー攻撃から防衛するための司令塔機能を担う組織は、内閣サイバーセキュリティセンターです。(×)


キーワード
・JPCERT/CC

キーワードの解説
  • JPCERT/CC(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center)
    インターネットを介して発生するコンピューターセキュリティに関連する事象の情報を収集し、インシデント対応の支援、コンピュータセキュリティ関連情報の発信などを行う日本の組織です。
    設立の参考になった米国のCERT/CCが大学の研究機関に設立されたのと異なり、JPCERT/CCは、常勤スタッフと学術・産業界のアドバイザから構成されています。

もっと、「JPCERTコーディネーションセンター」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ