2021年 春期 応用情報技術者 午前 問68

企業の競争戦略におけるフォロワ戦略はどれか。

 ア  上位企業の市場シェアを奪うことを目標に、製品、サービス、販売促進、流通チャネルなどのあらゆる面での差別化戦略をとる。
 イ  潜在的な需要がありながら、大手企業が参入してこないような専門特化した市場に、限られた経営資源を集中する。
 ウ  目標とする企業の戦略を観察し、迅速に模倣することによって、開発や広告のコストを抑制し、市場での存続を図る。
 エ  利潤、名声の維持・向上と最適市場シェアの確保を目標として、市場内の全ての顧客をターゲットにした全方位戦略をとる。


答え ウ


解説

 ア  上位企業の市場シェアを奪うことを目標に、製品、サービス、販売促進、流通チャネルなどのあらゆる面での差別化戦略をとるのは、チャレンジャ(challenger)戦略です。(×)
 イ  潜在的な需要がありながら、大手企業が参入してこないような専門特化した市場に、限られた経営資源を集中するのは、ニッチ(nich)戦略です。(×)
 ウ  目標とする企業の戦略を観察し、迅速に模倣することによって、開発や広告のコストを抑制し、市場での存続を図るのは、フォロワ戦略です。(〇)
 エ  利潤、名声の維持・向上と最適市場シェアの確保を目標として、市場内の全ての顧客をターゲットにした全方位戦略をとるのは、リーダ(leader)戦略です。(×)


キーワード
・フォロワ戦略

キーワードの解説
  • フォロワ戦略
    経営資源が乏しく、優れた技術力のない企業が、リーダ(稀にチャレンジャ)企業の製品を模倣し、コストダウンを図ることで市場で生き残る戦略です。

もっと、「フォロワ戦略」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ