2021年 春期 システムアーキテクト 午前II 問20

スパムメール対策として、サブミッションポート(ポート番号587)を導入する目的はどれか。

 ア  DNSサーバにSPFレコードを問い合わせる。
 イ  DNSサーバに登録されている公開鍵を用いて署名を検証する。
 ウ  POP before SMTPを使用して、メール送信者を認証する。
 エ  SMTP-AUTHを使用して、メール送信者を認証する。


答え エ


解説
サブミッションポート(ポート番号587)は、メールクライアントからメールサーバへメールを送信する際に用いる専用のTCPのポートのことで、通常のメールサーバではTCPポート番号として25番を使用していましたが、迷惑メール対策としてメール送信を受け付けるTCPポートを分けて、SMTP-AUTHなどによるユーザ認証を行うようにしています。


キーワード
・スパムメール

キーワードの解説
  • スパム(spam)メール
    受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括して送信される、主に電子メールを用いたメッセージのことである。
    スパムメールという呼び方のほかに、「迷惑メール」「ジャンクメール(junk mail)」「バルクメール(bulk mail)」とも呼びます。

もっと、「スパムメール」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ