2021年 春期 情報処理安全確保支援士 午前II 問3

ハッシュ関数の性質の一つである衝突発見困難性に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア  SHA-256の衝突発見困難性を示す、ハッシュ値が一致する二つのメッセージの発見に要する最大の計算量は、256の2乗である。
 イ  SHA-256の衝突発見困難性を示す、ハッシュ値の元のメッセージの発見に要する最大の計算量は、2の256乗である。
 ウ  衝突発見困難性とは、ハッシュ値が与えられたときに、元のメッセージの発見に要する計算量の大きさによる、発見の困難性のことである。
 エ  衝突発見困難性とは、ハッシュ値が一致する二つのメッセージの発見に要する計算量の大きさによる、発見の困難性のことである。


答え エ


解説
ハッシュ関数の衝突発見困難性とは、ハッシュ関数を用いて計算した結果(ハッシュ値)は一致する2つのメッセージを発見することの困難さのことです。
基本的にハッシュ値の大きさ(ビット数)が、ハッシュ関数の衝突発見困難性(計算量)になります。


キーワード
・ハッシュ関数

キーワードの解説
  • ハッシュ関数
    与えられたデータを一定のデータの要約を出力する処理のこと。
    ハッシュ関数によって得られた値をハッシュ値といいます。
    ハッシュ関数の特徴として「似たデータのハッシュ値は似ていない」「生成されるハッシュ値に偏りがない」などがあります。

もっと、「ハッシュ関数」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ